投稿論文 (査読有り)
Y. Wada, K. Nakazawa, T. Enoto, et al.
“Photoneutron Detection in Lightning by Gadolinium Orthosilicate Scintillators”
Physical Review D, 101, 102007 (2020)

[arXiv]

Y. Wada, T. Enoto, Y. Nakamura, et al.
“High Peak‐Current Lightning Discharges Associated With Downward Terrestrial Gamma‐Ray Flashes”
Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 125, e2019JD031730 (2020)

Y. Wada, T. Enoto, K. Nakazawa, et al.
“Downward Terrestrial Gamma-Ray Flash Observed in a Winter Thunderstorm”
Physical Review Letters, 123, 061103 (2019)

[arXiv]

Y. Wada, T. Enoto, Y. Nakamura, et al.
“Gamma-ray glow preceding downward terrestrial gamma-ray flash”
Communications Physics, 2, 67 (2019)

Y. Wada, G. S. Bowers, T. Enoto, et al.
“Termination of Electron Acceleration in Thundercloud by Intracloud/Intercloud Discharge”
Geophysical Research Letters, 45, 5700-5707 (2018)

Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa, et al.
“An Estimation of the White Dwarf Mass in the Dwarf Nova GK Persei with NuSTAR Observations of Two States”
Monthly Notices of Royal Astronomy Society, 474, 1564-1571 (2018)

[arXiv]

T. Enoto, Y. Wada, Y. Furuta, et al.
“Photonuclear Reactions Triggered by Lightning Discharge”
Nature, 551, 481-484 (2017)

会議集録 (査読なし)
H. Tsuchiya, T. Enoto, Y. Wada, et al.
“Gamma-ray observations at the coastal area of Japan Sea in winter seasons”
Proceedings of 36th International Cosmic Ray Conference, PoS(ICRC2019)1163 (2020)

Y. Wada, T. Enoto, Y. Furuta, et al.
“Mapping Observation Project of High-Energy Phenomena during Winter Thunderstorms in Japan”
Thunderstorms and Elementary Particle Acceleration 2018 conference proceedings (2019)

T. Enoto, Y. Wada, Y. Furuta et al.
“Multi-point measurement campaigns of gamma rays from thunderclouds and lightning in Japan”
Proceedings of XVI International Conference on Atmospheric Electricity (2018)

Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa, et al.
“NuSTAR Observations of the Dwarf Nova GK Persei in 2015: comparison between outburst and quiescent phase”
20th European Workshop on White Dwarfs
Astronomical Society of the Pacific Conference Series, 509, 509-514 (2017)

総説・解説 (査読なし)
和田有希「カミナリは「天然の加速器」か? – 冬の雷で原子核反応を発見 -」
NPO法人 ガリレオ工房通信 2019年9月号 (No.376), 特定非営利活動法人 ガリレオ工房, 8-11 (2019)

和田有希「雷が引き起こす原子核反応 – 冬の北陸が舞台の高エネルギー大気物理学 -」
じっきょう理科資料 No.85 (2019年4月号), 実教出版, 18-22 (2019)

榎戸輝揚, 和田有希, 土屋晴文「雷放電が拓く高エネルギー大気物理学」
日本物理学会誌 2019年4月号, 日本物理学会, 192-200 (2019)

和田有希「X線による強磁場激変星の観測」
天界 2019年2月号, 東亜天文学会, 45-49 (2019)

和田有希, 中澤知洋「カミナリ雲の中に隠れた天然の加速器の破壊」
東京大学 理学部ニュース 50 (2018年9月号), 6, (2018)

和田有希, 榎戸輝揚「雷による光核反応の発見」
Isotope News 758 (2018年8月号), 28-31, (2018)

和田有希「雷が雲の中に隠れた天然の加速器を破壊した!?」
academist Journal (2018)

宮崎俊平, 和田有希, 天田直弥ほか
「フランス航空ツアー体験記(その2) (< 連載> 空と宇宙に学ぶ/学生の挑戦, 学生会員の広場)」
日本航空宇宙学会誌 63(6), 212-213 (2015)

和田有希, 宮崎俊平, 天田直弥ほか
「フランス航空ツアー体験記(その1) (< 連載> 空と宇宙に学ぶ/学生の挑戦, 学生会員の広場)」
日本航空宇宙学会誌 63(5), 167-168 (2015)

国際学会 (筆頭発表分のみ)

招待講演
Y. Wada, K. Nakazawa, K. Makishima et al.
“X-ray Views of the Dwarf Nova GK Persei”
The Golden Age of Cataclysmic Variables and Related Objects – V
Mondello, Italy, September 2019

Y. Wada, T. Enoto, Y. Furuta, et al.
“Recent Updates from Mapping Observation of High-energy phenomena In Japanese Winter Thunderstorms”
Thunderstorms and Elementary Particle Acceleration (TEPA) 2018
Aragatsotn District, Armenia, September 2018

Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa, et al.
“X-ray estimates of white dwarf masses in magnetic cataclysmic variables”
15th Marcel Grossmann Meeting
Rome, Italy, July 2018

通常講演
Y. Wada, T. Enoto, Y. Nakamura et al.
“Simultaneous detection of gamma-ray glow and downward terrestrial gamma-ray flash”
AGU Fall Meeting
San Francisco, USA, December 2019 (Oral)

Y. Wada, T. Enoto, K. Nakazawa et al.
“Downward Terrestrial Gamma-ray Flash Observed in a Winter Thunderstorm”
The Cosmos at High Energies: Exploring Extreme Physics Through Novel Instrumentation
Kavli IPMU, Japan, October 2019 (Poster)

Y. Wada, T. Enoto, K. Nakazawa et al.
“Estimated Number of Avalanche Electrons in a Downward TGF during Winter Thunderstorms”
EGU General Assembly
Vienna, Austria, April 2019 (Poster)

Y. Wada, G. S. Bowers, T. Enoto, et al.
“Lightning-triggered termination of a gamma-ray glow in a Japanese winter thunderstorm”
AGU Fall Meeting
Washington D.C., USA, December 2018 (Poster)

Y. Wada, G. S. Bowers, T. Enoto, et al.
“A gamma-ray glow terminated by leader development of an inter-cloud discharge in Japanese winter thunderstorm”
EGU General Assembly
Vienna, Austria, April 2018 (Oral)

Y. Wada, T. Enoto, Y. Furuta, et al.
“Initial results from a multi-point mapping observation of thundercloud high-energy radiation in coastal area of Japan sea”
AGU Fall Meeting
New Orleans, USA, December 2017 (Oral)

Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa,
“NuSTAR Observations of the Dwarf Nova GK Persei in 2015: comparison between outburst and quiescent phases”
20th European White Dwarf Workshop
University of Warwick, UK, July 2016 (Oral)

Y. Wada, K. Nakazawa, K. Makishima, T. Yuasa
“Phase-resolved spectroscopy of V1223 Sagittarii with ASTRO-H”
ASTRO-H Summer School
Nara Women’s University, August 2015 (Poster)

国内学会・研究会・セミナー (筆頭発表分のみ)

招待講演
和田有希
「高エネルギー大気物理学におけるGeant4 – 検出器応答から大気中における粒子輸送と光核反応まで -」
Geant4初心者講習会・研究会, 京都大学, 2019年11月

和田有希, G.Bowers, 榎戸輝揚ほか
「雷放電によって破壊された雷雲内の電場加速機構」
雷雲と宇宙線の相互作用に伴う高エネルギー現象, 東京大学宇宙線研究所, 2018年3月

通常講演
和田有希, 榎戸輝揚, 中澤知洋ほか
「雷活動に由来するガンマ線の観測プロジェクト:地球ガンマ線フラッシュの地上観測と定量評価」
日本物理学会 第75貝年次大会, 名古屋大学東山キャンパス, 2020年3月 (口頭発表採択・現地開催中止)

和田有希, P. Laurent, 中澤知洋, ほかTaranis XGREチーム
「Taranis衛星におけるMeV帯域の地球ガンマ線フラッシュ観測」
第2回MeVガンマ線天文学研究会, 東京大学本郷キャンパス, 2019年9月 (ポスター)

和田有希, 榎戸輝揚, 松元崇弘ほか
「冬季雷における高エネルギー現象の観測プロジェクトの進展」
日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ, 2019年5月

和田有希, 榎戸輝揚, 中澤知洋ほか
「冬季の雷放電と同期したガンマ線フラッシュの定量評価」
日本原子力学会 2019年春の年会, 茨城大学水戸キャンパス, 2019年3月

和田有希, 榎戸輝揚, 松元崇弘ほか
「雷活動に由来するガンマ線の観測プロジェクト:多地点観測の進展と大気電場・電波との協同観測」
日本物理学会 第74回年次大会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月

和田有希, 古田禄大, 榎戸輝揚ほか
「落雷による光核反応の発見:地上観測による中性子と陽電子の検出」
日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月

和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋ほか
「X線による矮新星GK Perseiの増光期と静穏期の観測」
連星系・変光星・低温度星研究会2017, 名寄市立天文台, 2017年9月

和田有希, 榎戸輝揚, 古田禄大ほか
「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果」
JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 幕張メッセ, 2017年5月

和田有希, 榎戸輝揚, 湯浅孝行ほか
「雷雲電場による電子加速のガンマ線観測プロジェクト:小型読み出し系の開発と北陸地方における多地点運用」
日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月

和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋ほか
「NuSTARによる矮新星GK Perseiの観測:2015年の増光時と静穏期の比較解析」
日本物理学会 2016年秋季大会, 宮崎大学, 2016年9月

和田有希, 榎戸輝揚, 湯浅孝行ほか
「雷雲ガンマ線の多地点観測に向けた検出装置の小型化と2015年度冬季における北陸地方への展開」
日本物理学会 第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月

和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋, 牧島一夫
「『すざく』によるV1223 Sagittarii の広帯域スペクトル解析」
日本天文学会 2015年度 秋季年会, 甲南大学, 2015年9月

受賞歴
「冬季雷における高エネルギー現象の観測プロジェクトの進展」
日本地球惑星科学連合2019年大会 大気水圏科学セクション 学生優秀発表賞 (2019)

「雷活動に由来するガンマ線の観測プロジェクト:多地点観測の進展と大気電場・電波との協同観測」
日本物理学会 第74回年次大会 学生優秀発表賞 (2019)

「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果」
JpGU-AGU Joint Meeting 2017 大気水圏科学セクション 学生優秀発表賞 (2017)

「ドローンで挑むカミナリ雲で加速された電子の検出」
academistシンポジウムVol.2 「最速プレゼン王決定戦」最優秀賞 (2017)

査読歴
Monthly Notices of the Royal Astronomical Society
Geophysical Research Letters
Scientific Reports

研究費獲得歴
天文学振興財団 国際研究集会参加支援 (海外渡航援助: 2019年度)
日本天文学会 早川幸男基金 (海外渡航援助: 2019年度)
日本学術振興会 特別研究員奨励費 (2018-2019年度)
東京大学大学院 理学系研究科大学院学生国際派遣プログラム (海外渡航援助: 2017年度)

メディア掲載・プレスリリース
プレスリリース
「金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る」(2019年6月)
[東京大学] [京都大学] [理化学研究所] [日本経済新聞] [時事通信] [朝日新聞] [北國新聞] [NHK] [Communications Physics]

メディア掲載
「はみ出せ学界!ハカセが挑む(3)雷の解明 市民と共に」
日本経済新聞 (2019年2月28日)

プレスリリース
「雷雲に隠れた天然の加速器を雷が破壊する瞬間を捉えた -放射線・大気電場・電波による高エネルギー大気現象の観測-」(2018年5月)
[京都大学] [東京大学] [理化学研究所] [近畿大学] [金沢大学] [academist journal] [Geophysical Research Letters]

メディア掲載
「若手が活躍できるチーム作りの秘訣とは? – 雷雲プロジェクトから見えてくる、新しい研究スタイル」
academist Journal (2018年5月)

プレスリリース
「雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明-」(2017年11月)
[京都大学] [東京大学] [日本原子力研究開発機構] [academist journal] [マイナビニュース] [朝日新聞] [京都新聞] [Wired] [Nature]

メディア掲載
「JpGU-AGU Joint Meeting 2017 で学生優秀発表賞を受賞」
太郎坊のそよ風 認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ (2017年7月)

メディア掲載
「金沢上空の雷雲は「天然の加速器」か!? – 宇宙物理学者が挑む、カミナリ雲の謎」
マイナビニューステクノロジー (2016年11月)