業績

  • Y. Wada, T. Enoto, K. Nakazawa, Y. Furuta, T. Yuasa, Y. Nakamura, T. Morimoto, T. Matsumoto, K. Makishima, H. Tsuchiya, “Downward Terrestrial Gamma-ray Flash Observed in a Winter Thunderstorm”, The Cosmos at High Energies: Exploring Extreme Physics Through Novel Instrumentation, Kavli IPMU, Japan, October 2019 (Poster)
  • Y. Wada, K. Nakazawa, K. Makishima, T. Hayashi, M. Ishida, “X-ray Views of the Dwarf Nova GK Persei”, The Golden Age of Cataclysmic Variables and Related Objects – V, Mondello, Italy, September 2019 (Invited; Oral)
  • Y. Wada, T. Enoto, K. Nakazawa, Y. Furuta, T. Yuasa, Y. Nakamura, T. Morimoto, T. Matsumoto, K. Makishima, H. Tsuchiya, “Estimated Number of Avalanche Electrons in a Downward TGF during Winter Thunderstorms”, EGU General Assembly, Vienna, Austria, April 2019 (Poster)
  • Y. Wada, G. Bowers, T. Enoto, M. Kamogawa, Y. Nakamura, T. Morimoto, D. Smith, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, A. Matsuki, M. Kubo, T. Tamagawa, K. Makishima, H. Tsuchiya, “Lightning-triggered termination of a gamma-ray glow in a Japanese winter thunderstorm”, AGU Fall Meeting, Washington D.C., USA, December 2018 (Poster)
  • Y. Wada, T. Enoto, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, T. Matsumoto, D. Umemoto, K. Makishima, H. Tsuchiya, and the GROWTH collaboration, “Recent Updates from Mapping Observation of High-energy phenomena In Japanese Winter Thunderstorms”, Thunderstorms and Elementary Particle Acceleration (TEPA) 2018, Aragatsotn District, Armenia, September 2018 (Invited; Oral)
  • Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa, K. Makishima, T. Hayashi, M. Ishida, “X-ray estimates of white dwarf masses in magnetic cataclysmic variables”, 15th Marcel Grossmann Meeting, Rome, Italy, July 2018 (Invited; Oral)
  • Y. Wada, G. Bowers, T. Enoto, M. Kamogawa, Y. Nakamura, T. Morimoto, D. Smith, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, T. Tamagawa, K. Makishima, H. Tsuchiya, “A gamma-ray glow terminated by leader development of an inter-cloud discharge in Japanese winter thunderstorm”, EGU General Assembly, Vienna, Austria, April 2018 (Oral)
  • Y. Wada, T. Enoto, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, K. Okuda, K. Makishima, T. Nakano, D. Umemoto, H. Tsuchiya, “Initial results from a multi-point mapping observation of thundercloud high-energy radiation in coastal area of Japan sea”, AGU Fall Meeting, New Orleans, USA, December 2017 (Oral)
  • Y. Wada, T. Yuasa, K. Nakazawa, K. Makishima, T. Hayashi, M. Ishida, “NuSTAR Observations of the Dwarf Nova GK Persei in 2015: comparison between outburst and quiescent phases”, 20th European White Dwarf Workshop, University of Warwick, UK, July 2016 (Oral)
  • Y. Wada, K. Nakazawa, K. Makishima, T. Yuasa, “Phase-resolved spectroscopy of V1223 Sagittarii with ASTRO-H”, ASTRO-H Summer School, Nara Women’s University, August 2015 (Poster)
  • 和田有希, 「高エネルギー大気物理学におけるGeant4 – 検出器応答から大気中における粒子輸送と光核反応まで -」, Geant4初心者講習会・研究会, 京都大学, 2019年11月 (招待講演)
  • 和田有希, P. Laurent, 中澤知洋, ほかTaranis XGREチーム「Taranis衛星んいおけるMeV帯域の地球ガンマ線フラッシュ観測」, 第2回MeVガンマ線天文学研究会, 東京大学本郷キャンパス, 2019年9月
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 松元崇弘, 中澤知洋, 古田禄大, 湯浅孝行, 土屋晴文, 米徳大輔, 澤野達哉, 牧島一夫, 鴨川仁, 中村佳敬, 森本健志, 佐藤光輝, 酒井英男, 南戸秀仁, 牛尾知雄「冬季雷における高エネルギー現象の観測プロジェクトの進展」, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ, 2019年5月
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 中澤知洋, 古田禄大, 湯浅孝行, 中村佳敬, 森本健志, 松元崇弘, 牧島一夫, 土屋晴文「冬季の雷放電と同期したガンマ線フラッシュの定量評価」, 日本原子力学会 2019年春の年会, 茨城大学水戸キャンパス, 2019年3月
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 松元崇弘, 中澤知洋, 古田禄大, 湯浅孝行, 鴨川仁, G.S.Bowers, 中村佳敬, 森本健志, 玉川徹, 牧島一夫, 土屋晴文, 久保守, 松木篤, 米徳大輔, 澤野達哉, D.M.Smith 「雷活動に由来するガンマ線の観測プロジェクト:多地点観測の進展と大気電場・電波との協同観測」, 日本物理学会 第74回年次大会, 九州大学伊都キャンパス, 2019年3月
  • 和田有希, 古田禄大, 榎戸輝揚, 中澤知洋, 湯浅孝行, 奥田和史, 牧島一夫, 佐藤光輝, 佐藤陽祐, 中野俊男, 楳本大悟, 土屋晴文, 「落雷による光核反応の発見:地上観測による中性子と陽電子の検出」, 日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月 (口頭)
  • 和田有希, G.Bowers, 榎戸輝揚, 鴨川仁, 中村佳敬, 森本健志, D.Smith, 古田禄大, 中澤知洋, 湯浅孝行, 玉川徹, 牧島一夫, 土屋晴文, 「雷放電によって破壊された雷雲内の電場加速機構」, 「雷雲と宇宙線の相互作用に伴う高エネルギー現象」, 東京大学宇宙線研究所, 2018年3月 (口頭)
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 古田禄大, 松元崇弘, 中澤知洋, 湯浅孝行, 土屋晴文, ほかGROWTHコラボレーション, 「可搬型検出器による雷雲由来の電子加速と高エネルギー現象の多地点観測」, 「東京大学宇宙線研平成29年度共同利用研究成果発表会」, 東京大学宇宙線研究所, 2017年12月 (口頭)
  • 和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋, 牧島一夫, 林多佳由, 石田学,「X線による矮新星GK Perseiの増光期と静穏期の観測」, 「連星系・変光星・低温度星研究会2017」, 名寄市立天文台, 2017年9月 (口頭)
  • 和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋, 牧島一夫, 林多佳由, 石田学, 「矮新星GK PerseiのX線スペクトル解析による白色矮星質量の推定」, 日本天文学会 2017年度 秋季年会, 北海道大学, 2017年9月 (口頭)
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 古田禄大, 湯浅孝行, 中澤知洋, 中野俊男, 土屋晴文, 鴨川仁, 米徳大輔, 澤野達哉, 「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 幕張メッセ, 2017年5月 (口頭)
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 湯浅孝行, 中澤知洋, 土屋晴文, 中野俊男, 奥田和史, 古田禄大, 牧島一夫, 鴨川仁, 瀧田正人, 米徳大輔, 澤野達哉, 渡會兼也, 米口一彦, 木村光一郎, 北野皓嗣, and the GROWTH collaboration, 「雷雲電場による電子加速のガンマ線観測プロジェクト:小型読み出し系の開発と北陸地方における多地点運用, 日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月 (口頭)
  • 和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋, 牧島一夫, 林多佳由, 石田学, 「NuSTARによる矮新星GK Perseiの観測:2015年の増光時と静穏期の比較解析」, 日本物理学会 2016年秋季大会, 宮崎大学, 2016年9月 (口頭)
  • 和田有希, 榎戸輝揚, 湯浅孝行, 中野俊男, 中澤知洋, 奥田和史, 古田禄大, 楳本大悟, 土屋晴文,「雷雲ガンマ線の多地点観測に向けた検出装置の小型化と2015年度冬季における北陸地方への展開」, 日本物理学会 第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月 (口頭)
  • 和田有希, 湯浅孝行, 中澤知洋, 牧島一夫, 「『すざく』によるV1223 Sagittarii の広帯域スペクトル解析」, 日本天文学会 2015年度 秋季年会, 甲南大学, 2015年9月 (口頭)
  • 「冬季雷における高エネルギー現象の観測プロジェクトの進展」日本地球惑星科学連合2019年大会 大気水圏科学セクション 学生優秀発表賞, 2019
  • 「雷活動に由来するガンマ線の観測プロジェクト:多地点観測の進展と大気電場・電波との協同観測」日本物理学会 第74回年次大会 学生優秀発表賞, 2019
  • 「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果」JpGU-AGU Joint Meeting 2017 大気水圏科学セクション 学生優秀発表賞, 2017
  • 「ドローンで挑むカミナリ雲で加速された電子の検出」, academistシンポジウムVol.2 「最速プレゼン王決定戦」最優秀賞, 東京都千代田区, 2017
  • 天文学振興財団 国際研究集会参加支援 (海外渡航援助: 2019年度)
  • 日本天文学会 早川幸男基金 (海外渡航援助: 2019年度)
  • 日本学術振興会 特別研究員奨励費 (2018-2019年度)
  • 東京大学大学院 理学系研究科大学院学生国際派遣プログラム (海外渡航援助: 2017年度)